乳首 素人

オナニーがどれだけ気もちいい事だろう

投稿日:

乳首がキリキリと天井を向く

わかりました!すぐに用意させて頂きます!正直な所、ボクはホッと胸を撫で下ろしていた。さしものモンスタークレイマーもその程度が限度と踏んだのだろう。考えてみれば未遂であって、本当に婦女暴行に及んだわけではない他人の一生を台無しにするような法外な金額など要求出来るわけはないのである。ボクは再就職したばかりだが、内々に示談で済ませるなら勤め先をクビになる心配もないだろう。ふと成本さんの顔が浮かんだが、彼女も宴席にいたのだからこの事は知っているかも知れない。
彼女の陰唇を引っ張ってクリトリスをむきだ

でも何も言われず分かれたくらいで、酒の上での失敗だと許してくれるに違いない。30万円は決してはした金ではないが、幸い恭子さんの稼ぎがあるから無理な金額ではない。羽黒がうまく間に入り、適当な金額であの難しい母親と話をつけてくれたのだろう。何もかも推測に過ぎないのに、愚かなボクは急に気が楽になって、初めて自分から口を開いた。あのぅ、三倉さんへの謝罪は。ああ、その事なんですがね、旦那さん。

フェラチオをしていた

  • 下着を奪われた泉美の背後に
  • 処女のような羞じらい双の乳房をギュッギュッと揉みしだきながら緒方は相好を崩した
  • エッチしてるみたいだもの


のお尻は柔らかく


バイブレーターを咥え込んで離さない肉壷からは

釈然とせぇへんやろうが、アンタには絶対謝罪に来て欲しゅうない、と三倉さんに止められてますねん。特に女の子の方はえらいショックを受けとって、今アンタに来られては困る、言うてな。せやから謝りたいっちゅう気持ちはようわかりますけどここはアチラの意を汲んで、取り合えずお金だけ用意して貰いたいんや。アンタの気持ちは私からお母さんに伝えときますし、もっとほとぼりが冷めてから謝罪に行かれたらええんとちゃいまっか?これも正直肩の荷が下りた気分になった。何しろ自覚はまるでないのだ。から、悪い事はしたと思っても面と向かって謝るのはとても気が重かった。あの母親とボクは互いに嫌っているわけだし、ショックを受けたと言うありささんには、別の意味で謝るのが非常に辛かった。
亀頭が温かくねっとりしたものに包まれる

さらに膣に埋めこまれたペンライトをくねらせていった

こんな状況でかつてボクの事を慕ってくれていた女の子に、どんな顔をして謝れ、と言うのか。向こうが会いたくないと言ってるのなら、無理する必要はあるま。ほんじゃまあ、お金の方はなるべく早めにお願いしまっせ。が、何とか/収めさせて貰いますさかい。後は私の方こうして羽黒宅を後にすると、恭子さんはこんな犯罪者一歩手前の大失態をやらかしたボクを一切責めようとせず、良かったね、タックンと涙ぐんだまま言う。あまりにも優しい彼女の言葉に、ボクまで涙がこぼれ。ごめんなさい、恭子さん。


射精を徹底我慢

痴漢って

エヘへ。ありさちゃんが好きで変な事しちゃったんだね、タックン。全くイケない子なんだから、コラ!無理して明るく振る舞い、おどけた様子でボクの頭を小突いて見せる恭子さん。そんな彼女の姿を見ていると、この件でむしと夫婦の絆が深まったかのようにすら感じていたボクは、何と言う大馬鹿者だったのだろう。この酔っ払いレイプ未遂事件が何とか片付いたと思ったのは大間違いで、ボクと恭子さんは大きな罠にすっぽりと嵌まり、この世の地獄を味わわされる運命だったのである。この後すぐに貯金をはたいて指定されたお金を用意した恭子さんは羽黒に渡して、しばらくはボクにとって何もない平穏な毎日が続いた。
ルをペニスの先


奴隷に堕としていったのだ

ボクの不始末を知っている筈の成本さんは何も言わず、細川病院での事務仕事にも慣れて、それなりの充実感を味わっていた。しかし、これが落とし穴だったのだが、勤務の不規則な恭子さんとボクは、当然ながら家で一緒に過ごす時間が減り、肌を合わせる機会も少なくなって、ある時期から完全にご無沙汰になってしまった。ヒマさえあればボクを求めていたエッチな恭子さんが、全く誘って来なくなった最初の理由は生理だった。当たり前かも知れないが、実はこれまでに血だらけになりながら生理中の変態セックスに挑戦させられた事もあったのに。そして生理期間をとうに過ぎてもエッチしたがらない恭子さんを不思議に思ったボクは、初めて誘ってみた。

-乳首, 素人
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

エッチな思考をしてしまう

コンテンツ1 乳首ピンク色だよ1.1 肛門にキスをしたりといったことをしていた1.2 乳首が発する愉悦への渇望に従うように1.2.1 愛撫したって1.3 男根の根本を輪ゴムで縛って1.3.1 亀頭の下 …

no image

オマンコしたいです2麗は掌で肉棒を弄びながら

コンテンツ1 尻穴に打ち込まれて手錠で固定された指から込み上げる淫密な快感でした1.1 亀頭が喉奥に当たるまで深くくわえ込み1.1.1 愛撫を繰り返す1.2 オマンコの締まりによる快感が嫌いなわけでは …

no image

セックスレスになる前は

コンテンツ1 前屈みになってお尻を突き出し1.1 ペニス型を1.1.1 バスルームに置きっぱなしにしたプラグやローションも1.2 オマンコをいじっている1.2.1 ヒダヒダもクリトリスも 前屈みになっ …

no image

どうして痴漢なんてするの

コンテンツ1 亀頭だけが顔を出す状態になった1.1 下着ズタズタにされたりしたくなければ1.1.1 しかも2人ともパイパンなので逃げるように去っていった1.2 涎れを垂らさんばかりに視姦をする男たちを …

no image

勃起している乳首を指でつまんだり碗型のふくらみを掌でくるむようにして揉み

コンテンツ1 お尻を叩かれることよりもそっちのほうがイヤだったものだ1.1 乳首をコロコロと転がされる1.1.1 射精が恭子さんの手を汚し辺りに飛散した1.1.2 夫に愛撫された乳房が1.2 セックス …