オナニーしているところを見てほしいゴクリと生唾を飲みます

セックスを楽しむには一度抜いておくくらいで丁度良いのだ
堕ちる快感貪り続ける111人。ああいいおまんこ、いい。彩子は、髪を振り乱して喘いでいる。イク!イク!彩子、イクー!!ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ…。あ彩子が、身体をのけぞらせた。男は、なおもかまわず責め立てる。だめ、だめっ!ああ男の指は、ぐっしょり濡れている。すごい、すごい!ああ男は黙って指を動かし続けていた。
ぬかるんだヴァギナにペニスを出し入れさせた

挿入しようとするとやはり駄目だった
ああ···また。イク!!!ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ。ビクンビクンビクンビクン!ああぁああ彩子は、腰を突き上げて果てた。肩で息をつき、腰を不自然に震わせていた。彩子の歓喜の痙攣が収まりかけると、男はまた、指を押し込んでいた。ビクビクビクビク彩子の腰が、また震えはじめた。あんあんあんあんあん彩子の切れ長の目は、宙をさまよっている。

肉棒は正直な反応を示し

いい、いいおまんこ、いい。あえぐ唇からは、よだれが垂れている。あぁあ…。もう指は。彩子の声が切羽詰っている。ねぇチンポ、チンポほしいの。可憐な唇から、恥ずかしい言葉が漏れた。お願いチンポ男が彩子の蜜壷からベトベトになった指を離し、素早くズボンとトランクスを床に脱ぎ捨てた。彩子の前に回ると、腰を少し突き出した。ビクソーー!肉棒を彩子の入口に押し当てたのだろう。
マンコから止まらず俺の

そう言うと二人は舞のクリトリスに鉄のクリップをつけた

彩子の太ももが反応した。ああ·早く。入れて彩子が誘うように腰を揺すぶった。ねえ早くぅー!男は挿入する気配がない。お願い早く突っ込んで。ああチンポ。彩子のおおまこに。ぶち込んで。愛欲の果てに男が腰を入れて肉棒を彩子に押し込んだ。ぐっちゆううう!!!あっ彩子は腰を振って、喜びを表現した。いいいいおまんこ、いい。

尻の形がよくて欲望をどうしてそんなにまで女の尻に執着しこだわるようになったのか

男は彩子の腰を抱えて、腰を動かす。凄い、凄い。ああ彩子も、腰を振り立てて男の動きに応える。イク!イク!ああ。彩子は、全身を震わせてあっけなく果てた。男は、なおも腰を振り続けていた。なんて具合のいいおまんこだ。ああもっと!ほらほら、どうだ?!はぁぁいい。うぉぉぉぉあぁあぁぁ。出る!出る。ドクドクドクドク。
まさに射精寸前

オッパイだって

男の腰が震え、精液が彩子に注ぎ込まれた。ガクガクガクガク!!!わああ彩子は、またしてもイッてしまったようだった。男が肉棒を引き抜くと、彩子の股間から白い液があふれ、床を濡らしていった。男は、美樹を犯したバイブを持ってきてぐちょぐちょになった彩子に押し込んだ。あぁあぁぁ。彩子が腰を振り立てている。いいいいもっと、もっとよーし男は、冷静にオモチャを動かしている。

    1. 愛撫するのも初めてだろうと思われるアイツの
    1. 肛門の中だった
    1. 湯船にしゃがみ込んだ留美が背後から指でくちゅくちゅと愛撫しはじめたのである

投稿日:

執筆者: